スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のOC杯に向けてⅡ~そしてこれから~

さて、OC杯優勝という頂に登るために、私に必要なことは何なのか。

第一に、技術力の向上が挙げられる。

登りは相変わらず弱いままだが、OC杯の舞台となる富士のようなテレインなら、要求されるのはスピード。
昔からスピードトレを重視して鍛錬してきた私が、スピード負けすることはあまり考えられない。
私に足りないのは、そのスピードを生かす技術である。

そのために必要なトレは、やっぱり実戦。
それも、高い集中力の中でこなす実戦だ。

実戦の数は、意識してレースの機会を増やし、確保してきた。
どんなに調子が悪い時期でも、月8ペースを貫いてきた。
トレをサボることはあっても、レースだけは休まなかった。
今考えると、これはファインプレーだったと思う。
最低限の走力と技術を確保、維持することが出来た。

あと、近くのテレインで適当にコースを組んで走る機会をもっと設けたかったのだが、こちらはまだ一回しか出来ていない。

質の方は、なるべくノーコンで走るようにすることで引き上げている。
ノーコンだと緊張感が違うし、コンパスに頼れない分、脱出と地図読みが丁寧になる。
実際、ノーコンでの練習を始めてから、明らかにレース運びが安定するようになった。

技術の次に大切なのは、モチベーション。
これは、ミドルセレにて好成績を上げることで、より向上させたいと考えている。
ミドルセレに集中→最低でもAエリート入り→自信を付け、後悔の気持ちもなくスッキリした状態でOC杯へ という流れが理想的だ。

あとは、準備。
ミドルセレまでは山武雨坪の地図を、ミドルセレ以降は富士の地図を、嫌というほど見る。
できれば、自分でコースを組んでみたりして、ね。
使われそうな所の尾根沢関係を覚えておくだけでも、だいぶ違うだろうから。

もちろん、体調管理にも気を配らなければならない。
風邪をひいたら最悪なので、まずは毎日しっかりと寝ること。
ここ一週間は、睡眠をトレにも優先して取っている。
また、実は今、密かに禁酒中だったりもする。


正直なところ、やり残しは多い。
特に体力トレについては、倍は言い過ぎにしても、1.5倍くらいはやりたかった。

でも、悔いは無いんだな。
これが、精神的強さを含めた、「現時点での」自分の限界だったと思うから。

それに、後悔なんてレース後にすればいいことだからね。
今はとにかく、前を向くこと。
終わってしまったことは過去のこととして割り切り、現時点での最善を尽くすこと。
私にはそれしか出来ない。

優勝の可能性は極めて低い。
しかし、私はこれまで幾度となく、不可能を可能にしてきた。
インハイ然り、昨年度のロングセレ然り、サークル創設然り。
「過去」を割り切り、「未来」を恐れず、純粋な気持ちを持って「今」に臨めば、奇跡を起こせることを私は知っている。

奇跡とは、現実の中にあるもの。
緻密な計算を基に、着々と積み重ねた努力。
極限にまで高めた可能性。
それらを用意して初めて、神頼みが許されるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。