スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な30分の1

日曜の全日本リレー選考会はひどかった…。
結果はこちら↓
http://www.orienteering.com/~saitama/event/20110904_senkoukai/110904senkoukai_result/lap_mj_m20a.htm

巡行はしょうがない。むしろ、よくここまで短期間で持ち直したとすら思う。
私が言いたいのは、レース内容の方だ。
ミス率以上に悪かった印象がある。

特に1ポね。

20110906002232.jpg

何これ?
途中、小径でショートカットかつ登りを抑えられたのにまわっちゃってるし。
道もない手前の所から入っちゃってるし。
挙句の果てにはアタックでも失敗して、手前の沢でウロウロしてる。
ふざけるなと言いたい。

ミスタイムとしては1:25で済んでいるが、1レッグだけで3ミスも犯しているのはひどすぎる。
しかも、この後2,4,5,7でも相次いでのミス。
それも、いずれも簡単に防げたようなミスばかりだ。
何考えてOLやってたんだよ。

原因は、脱出段階(1ポならスタート地点)でのルートプランの甘さだろう。
細かなチェックポイントの設定は走りながらでも出来るが、プランニングはそうは行かない。
プランによって、脱出方向も変わって来てしまう。
最低でも、道筋だけは決めてから走り出さなければならない。
走りながらプランの設定を行うと、ポイントのチェックがあいまいになり、これもまたミスの原因となる。

もちろん、走りながらこれらを器用に、同時にこなせる人もいる。
だが、少なくとも現時点の私はそうではない。
身の丈に合った戦術が立てられなければ、いつまで経っても基本が身に付かない。

少し前までの私なら、ヘラヘラ笑っていられただろう。
しかし、今の私は違う。
冬のOC杯優勝という高い目標がある。
圧倒的な巡行を叩き出したS保君、ミス率の低さが半端ではなかった池純さん。
この2人レベルを目指そうというのだ。
こんなレースで満足していていいわけがない。

合宿など短期集中でレースをこなせる期間も含めて考えると、今後は週2のペースくらいでOLが出来るだろう。
それでも、冬のOC杯までは約3ヶ月と3週間。
30レースほどしかこなせない計算だ。
ボーっと過ごしていたら、あっという間にその日を迎えてしまうだろう。

今日私がやったことは、この貴重な30分の1の機会を無にする行為。
つまるところ、高い目標を掲げた自分自身への冒涜だ。
自分に腹が立って仕方がない。

もう、こんなレースは二度としないと決めた。
どんなに些細なレースであっても、絶対に気を抜かない。
毎回きちんとした課題を持って臨み、反省し尽くす。
それすら出来ないというのなら、さっさと目標を取り下げてくれ。目障りなだけだ。

ちなみに、埼玉MJでは私が1位、N洲君が2位、駿大1年のそげたが3位で、この3人でチームを組むことになった。
正直、この3人でまともなレースが出来るとは思えないが、そげたは少しやる気を出してみてくれたみたいだ。
嘘(「昨年は駿大3人でチームを組んだ」と駿大1年には伝えていた)をついてでも、彼らを連れて来た甲斐はあったのかもしれない。
強引な方法だった。人としての信用は多少失っただろう。
しかし、部長としては正しい選択が出来たのではないかと思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。