スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルシー

※この記事は、8/23に書き上げたものです。

ボンジュール!行って来ましたフランス旅行。
本当は、OCの調査合宿に参加しなきゃいけなかったんだけど…。
父、母、妹と一緒に海外に行けるなんて、これが最後の機会かもしれんからね。
こちらを優先せざるを得なかった。

以下、フランスで撮ってきた写真と簡単な解説です。

20110816200725.jpg       20110820175621.jpg
さすがワインの名産地                        クルー船から撮ったエッフェル塔
スーパーに並んでいるビンの量が半端じゃない         トレーニングで走って上るのも一興

20110819210856.jpg
午後9時にようやく日の入りとは恐れ入る
夏のフランスの夜は長い

20110819215002.jpg
夜のモンサンミッシェル
河に映るもう一つの塔が美しい


旅行を終えての正直な感想を言わせてもらうと、ぶっちゃけ微妙だった…。
理由は4つあると思う。

①ツアーのスケジュールが過酷
何と言っても、まずはこれですね。
ごく普通の密度だったのかもしれないけど、ほぼ初海外の私にとっては酷だった。
ホテルでゆっくりする時間が極めて短かったことが、一番の要因。
3,4泊ならまだしも、7泊8日という長期日程で、20:00過ぎにようやく部屋へ到着、という日ばかりだったから。
部屋では寝ている時間がほとんどだったと思う。

②料理が重い
「フランス料理は重い」とは聞いていたが、予想以上だった。
総じて野菜が少なく肉が多かったのと、バター料理が多かった。
加えて、デザートで濃厚なチョコスイーツが出て来たり。
朝食のバイキングでは、野菜が皆無に等しく、パンしか食べられなかったのも応えた…。

③気の休まる時が無い
常にスリに気を付けなければならなかったため、精神的に消耗した。
実際、初日に妹がやられたっぽかったしね…。
スリ以外にも、やけにハイテンションな黒人も多く、とにかく怖かった。

④ホテルの質が低い
これが○つ星?と言いたくなるようなホテルばかりだった。
急に電気が消えるわ、掃除が行き届いてないわ、朝食がひどいわ…もう散々。
まあ、日本のホテルの質が高すぎるだけかも分からんけどね。
ただ、あの有様で三ツ星以上を名乗ってほしくはなかった、というのが本音です。

ごめんなさい。批判モード全開になってしまいました。
いや、ちゃんと気に入ったところもあったんだよ。
ニズの街並みとか、モンサンミッシェルの景色とか。
残念ながら、ワインの美味しさは分からなかったけど。

あと、日本が見習うべき点としては、自販機が全然なかったのは良いことだと思った。
日本はどう考えても設置しすぎ。
一体、自販機でどれだけのエネルギーを無駄にしていることか。

結構早い時間帯に店が閉まってしまうこと、日曜はほとんどの店が休業することも、私にとってはプラスに映った。
日本人の余裕の無さは、つくづく異常だと思うんだ。
余裕と言えば、フランス人はやっぱり心の余裕があるのかな。
愛想の悪い人と良い人が二極化している感じだったが、良い人はとことんサービスしてくれた。


今回の旅行で、日本の良さと悪さがより明確に分かった気がする。
この経験は、今後の世直し活動に大いに役立つものとなるだろう。
疲れたことは疲れたが、収穫は大きかったと思う。

この場を借りて、両親に「メルシー」と言いたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。