スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう。」

感動した。もちろん、サッカー女子日本代表がW杯優勝を成し遂げた件についてである。

実は、決勝まで一度たりとも試合を見たことは無かったのだが、新聞から快進撃のことは知っていた。
しかし、決勝戦を翌日の早朝に行う、という情報を得たのは、何と試合の前日だった。
歴史的瞬間を見逃さずに済んで、本当に良かったと思っている。

前評判通り、アメリカは強かった。
パワーが規格外で競り合いに強い、ということは知っていたが、足まで速いとか反則でしょ(笑)
そのパワーを存分に生かした攻撃は日本を苦しめ続け、立ち上がりは押し込まれる一方だった。

しかしこの時、私にはある予感があった。
もしかしたら勝ち得るかもしれない、という予感が。
どんなに押されていても集中力を保ち、苦しいながらも善処を続ける日本の選手達。
何よりその「目」を見てそう思った。

前半の中盤以降は日本もある程度落ち着いて来て、俄然持ち味が出せるようになって来た。
後半に入るとなお動きが良くなり、というよりアメリカが徐々に失速し始め、「もしかしたら」と思っていた矢先。
一瞬だった。見事すぎて言葉も無かった。
カウンターのお手本のようなアメリカの攻撃が、日本ゴールを貫いた。

私は彼女らに謝らなければならない。
これで日本の気力は途切れ、少なくともあと2点くらいは取られるのではないか、と思ってしまったからだ。
だが、彼女らは良い意味で私の予想を裏切ってくれた。
集中力を全く切らさずに走り続け、そしてついに…。
気迫が生んだゴールだった。
ニアの選手が潰れ、フォアの選手がガムシャラに押し込む。
美しさの欠片も無い、しかしダイヤモンドよりも価値のある同点ゴールが生まれた。

試合はそのまま延長戦に入る。
この時の私の予想は、「スタミナで勝る日本が有利」だった。
事実、アメリカの選手の動きは目に見えて衰えてきていたし、追い付かれたことで少なからず気落ちしているはずだ、と考えたわけである。

ところが、アメリカの選手もまたタフだった。
ドンピシャのクロスからのヘディング。
1点目よりもはるかにアメリカらしいゴールだった。
日本の選手もさすがに疲れていたのか、このゴールに関して言えば、かなりマークが甘かったように思う。

私は再度謝らなければならない。
さすがに今度こそは駄目だと思った。
たとえ気力が衰えなかったとしても、そうそう奇跡は起こるものではない。
延長戦も後半に入り、半ば諦め気味に画面を追うようになっていた。そんな折…。

気が付いたら、澤のボレーがアメリカゴールを揺らしていた。
無論、高い技術があってのことだろうが、あれは狙って入れられるようなシュートではなかった。
恐るべき執念が生んだゴールだと言ってよい。
奇跡は再び起きたのだ。

PK戦も凄まじかった。
キーパー海堀が素晴らしかったことは言うまでも無く、1本目を蹴った日本の選手。
あれは上手すぎ。一瞬遠藤に見えてしまった。

PKは、日本の選手達が伸び伸びとやっていたのが印象的だった。
PK戦の前の円陣で、笑っていた彼女達。
対照的に、一様に顔を強張らせていたアメリカの選手達。
そこで、すでに勝敗は決まっていたのかもしれない。


圧倒的なパワー攻撃に耐え、反撃の機を待ち続けた日本。
二度突き放されながら、二度とも奇跡を起こした日本。
しかも、相手は最強アメリカである。
漫画にしても出来過ぎの内容だった。
男子サッカーを含めても、私の観戦歴の中では間違いなくベストバウトだった。

一番勝利に貢献した選手と言えば、ほぼ満場一致で澤選手となるだろう。
彼女のパスセンスは素晴らしかったし、守備でもチームが苦しい時によく助けてくれた。
同点ゴールも美しすぎた。

だが、月並みな言葉になるが、今回の勝利はチーム全員でもぎ取った勝利のように思う。
PKで神がかったセーブを連発した海堀、相手ラインを恐怖に陥れた安藤、名誉の退場となった岩清水…。
どんな苦境に立たされようと、誰一人として諦める者はなく、自分に出来る最高の仕事をしていた。

そして、アメリカもまた良いチームだった。
日本より苦しかったであろう延長戦で意地を見せ、再び日本を突き放したのだから。
決してパワーだけで王者の座を守り続けてきたわけではない、ということを知らしめてくれた。


決勝戦しか見ていない私に、これほどの感動を与えてくれた両チーム。
双方に掛ける言葉があるとすれば、一つだけだろう。

「素晴らしい試合をありがとう。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。