スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世直しレシーブ

どうも。心配…しましたよね?

とりあえず事情をお話ししますと、新学期が始まってからは調子が下がる一方で、6/5の東大OLK大会欠場あたりまではずっと下降線でした。
新入部員もソゲタ一人きりで、精神的にかなり辛い時期でした。

で、何とかして調子を戻そうと思いまして。
午後10時以降のパソコンを控え、仕事や勉強をなるべく学校で片付ける、などの工夫により、奇跡的に快復に向かうことが出来ています。
これまで、学期の始めに頑張りすぎて後半失速、というパターンばかりでしたから、ここから学期末まで今学期を凌げれば大きな自信になるでしょうね。

つまり、長い間ブログを更新できなかったのは、前半→調子が最悪だった、後半→溜まった仕事や勉強を消化していた、との理由からでした。


報告すべきことは山ほどあると思うのですが、まずは本当に最近の出来事だけお伝えしておきましょう。


1、新入部員が3人になりました

ソゲタが2人連れて来て、しばらく見学生をやってもらっていたのだが、先の早東工戦で入部を決めてくれた。
やっぱり、知り合いから誘われるのが一番入りやすい、ということだろう。
たとえば、ビラに「和気あいあいとした雰囲気で…」と書かれているのを見た時と、実際に所属している友達から「皆すごい仲が良くてさ」と誘われた時を考えてみよう。
圧倒的に、後者の方が信頼性が高いだろう。

ソゲタは問題児ではあるが、他大学生と打ち解ける力には凄いものがある。
人懐っこい性格と物怖じしない度胸は、我が部の大きな武器となっている。
彼は勧誘に向いているのかもしれない。

ちなみにその2人、どちらも中学時代に野球をやっていて、運動適性はそこそこ高い。
特にそのうちの片方は、初回のランニングからこの私を戦慄させた潜在能力の持ち主である。
練習時に頑張る理由、引っ張ってあげたいと思わせてくれる対象。
これが出来たことは、私にとって大きなことだった。

2人には、どうしても期待をしてしまうな…。
もちろん、ソゲタにはソゲタの良さがある。
彼にも引き続き大会に出続けてもらいたい。


2、ナベ君がロングセレのMAクラスで優勝しました

自分自身は駄目だったけど、手ぶらで帰らずに済んで本当に良かった。
今やナベ君は、私の片腕である。
精神的にも、事務的にも、そして競技的にも、だ。
いつの時代も、優れた長には優れた部下がいたものだ。
彼と出会えた奇跡に感謝したい。

それと、うちの練習が決して生温くないことが証明されたよね?
3.5km↑180mのコースって、MAレベルならきつい方だと思うんだよな。
日が落ちるのが早い秋に使えないのが難点だけど。


3、早大OCに入りました

完全に東大に対する裏切りだよね…。土下座レベル。

OCを選んだ理由としては、OCには麻布勢が多くて溶け込みやすかったこと、東大より競技志向が低く、今の私のモチベーションには丁度よかったこと。
挙げるとしたらこの二点かな。

そもそも何で入ったのかというと、競技派の駿大生のために道を作っておきたかったんだよね。
どうしても、今のうちの戦力では合宿などは開けないし、このような環境下では才能を飼い殺しにしてしまう危険性もあるな、と思って。

結局、形としては、駿大から入りたい人がOCに入ればいい、ということになった。
要するに、クラブごと所属するのではなく、個人として所属する、ということである。
今のところは私しか入っていないが、いずれ後に続く部員も出て来るのではないかと思っている。


4、今は体育で世直ししてます

「健康スポーツ演習」という授業で、私はバレーとフットサルの授業を選択している。
春学期はずっとバレーをやるのだが、私の所属するチームの弱いこと弱いこと。
1セット取った以外は全部負けてるっていうね…。
セットで数えるなら、先週までの時点で1勝15敗くらいじゃなかったか?

で、今週(昨日)からリーグ戦が始まりました。
これはいい機会だと思ってね。
ここでネジを巻き直さないでいつ巻き直す?と思って、わざわざ作戦を考え、ワードファイルを作成し、持参したわけです。

まあ、結果は2セットとも惜敗だったわけだけど。
明らかに皆の目付きが変わった。
私の熱意は伝わったみたいだ。

負け続けても楽しければいい。
そう考える人も中にはいる。
そして、そういった人達には、私のような人間は疎まれる。
でも、何もしないでこの状況を見過ごすのは何か違うと思った。
やっぱり勝った方が楽しいし。
勝てば自然とチームの雰囲気も良くなるしね。

もちろん、私自身もそれなりの努力をした。
皆に勝利を目指してもらう以上、自分が頑張らないわけにはいかないから。
昨日はかなり早めにジムに入り、ひたすら自主トレを行っていた。

そして、結果はちゃんと表れた。
何と、ジャンピングサーブを普通に出来るようになっちゃったんだよね。
アタックもだいぶ鋭いのが打てるようになって来たし。
今やBチームの準エース(エースはバレー部員がいるので…)である。

どんなボールにも諦めずに飛び付き、拾うことから、私のレシーブは「世直しレシーブ」と呼ばれている。
「ボールの軌道を修正できない者に、世を直せるわけがない。」
授業中の私の口癖だ。

こういうことを無駄な頑張りだと思う人もいるだろう。
実際、こんなことばかりやっているから疲れやすくなっているのは事実である。
しかし、これも私の世直し事業の一つなのだ。
体育の授業での1勝が、その人の人生に影響を与えることもある。

4704の背中から、何かを感じ取ってくれることを信じて。
来週も私は、ボールを拾いまくるつもりである。

しかし、何だ…。
俺のやる世直しって、恐ろしく地味だよね…。



近況報告としては、とりあえずこんなところかね。
今回の記事では、私が快復途上にあることを伝えたかっただけだから。
また時間があったら更新します。
一応、このブログの更新も世直し事業の一環なので。
あんまりさぼっちゃいかんよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。