スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011アジアカップ総括

何か今更すぎる気もするけど、明日からインカレで日光入りなので。
サッカー日本代表のアジアカップを総括しておきたい。

率直な感想を述べると、かなり面白かった。
岡田ジャパンもW杯では結果を残したけど、決して見ていて楽しいサッカーじゃなかったからなあ。
今の代表からは点の匂いがするよね。
流れから点を取れるようになったのは大きな成長だろう。

以下、1戦ごとに振り返ってみたい。


グループリーグ第1戦 V.S.ヨルダン

何らかの事情であまり試合が見られなかったけど、後半ロスタイム?の同点劇は最高に燃えた。
麻也ちゃんに始まって麻也ちゃんに終わった試合だったね。
中澤とトゥーリオが抜けてセンターバックが不足気味だったから、吉田の台頭は嬉しかった。
ただ、まだこの頃は攻撃陣が不調だったように思う。

グループリーグ第2戦 V.S.シリア

川島の退場の場面は…あれやっぱりオフサイドだよね。
アジアカップではいつも審判に苦しめられる印象。
でも、よく数的不利の状況の中突き放した。
岡崎がスーパーサブ的役割を果たしてくれたね。
日本代表の底力を感じた。

グループリーグ第3戦 V.S.サウジアラビア

岡崎スタメン、柏木トップ下、川島の代わりにキーパー西川、という前2戦とはガラッと変わった布陣。
しかし、すでに予選敗退が決定していたサウジがやる気なかったのを考慮しても、なかなかに爽快な試合だった。
特に岡崎の働きっぷりはやばかった。
攻撃に守備に奔走奔走。
3点目のあの動きはワールドクラスだったね。
あと、正直お荷物状態になっていた前田に得点が生まれたのも良かった。
(それでも前田に物足りなさを感じてしまった俺は厳しすぎ?)

準々決勝 V.S.カタール

またしても中東の笛炸裂!?
吉田へのカード2枚は厳しすぎたと思うんだよな…。
そんな中、この試合でも岡崎は素晴らしい働きを見せてくれた。
長谷部のリーダーシップと決定的なパス、ドリブル突破も地味に良かった。
でも、この試合のヒーローは何と言っても香川。
何か今まで色々文句言ってすみませんでした。
2点目は鳥肌が立ったなあ。
ゴール前でのあの冷静さは日本人離れしていた。
ただ、川島含め、DF陣の2失点はどちらも防げたもののように思う。

準決勝 V.S.韓国

やはり避けられなかった宿敵韓国との対決。
目立ったのは長友と本田だった。
こういうフィジカル的に厳しい試合では頼りになる2人だ。
ザックの最後の采配(5バック?)は疑問だった。
あれで守り切れたら良かったけど、結果的にゴリゴリ押されて失点しちゃったからなあ。
PK戦は言わずもがな。
W杯でのパラグアイ戦からの成長を示した見事な完封勝ちだった。
川島さん凄いっす。

決勝 V.S.オーストラリア

準決勝で6-0の圧勝劇を演じたオーストラリアが相手。
対して、こちらは香川が怪我で欠場、準決勝で韓国相手にPK戦、と圧倒的不利な状況。
正直に言おう。勝てる気がしなかった。
この試合のMVPは川島だろう。
当たっている川島でなければ何点入れられていたことか。
準MVPは長友で間違いない。
何であんなに元気なのよ…あのスタミナはもはや人間じゃない。
ザックの采配もピタリ当たったね。
実は選手達の判断だったそうだが、選手達の自主性を尊重するのも采配のうち。
信頼関係が出来ている証拠だ。
李の決勝ゴールも美しすぎた。


「事実は小説よりも奇なり」を地で行くアジアカップだった。
開催国→宿敵→アジア最強?撃破の流れもこれ以上ないものだったし。
もうね。文句のつけようがない。

確か、日本はこれで10戦負けなしだったはず。
W杯のベスト16入りで明確な自信と目標が出来たのだろう。
そういう意味では、岡ちゃんの功績は大きかった。
負けて得るものもある。でも、勝って得られるものの大きさには敵わない。
そんなことを学んだアジアカップだった。

最後に言わせてほしい。
ザックさん最高です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。