スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶不調期脱出に向けて

現在、木、金、火と3日連続で大学を欠席中。
昨日の東大会長練までキャンセルしてしまった。
まあ、1週間以上走れていないのだから無理もない。

春の頑張りが嘘のような、いわゆる絶不調期に突入してしまった自分。
この窮地を脱するべく、「苦しみの歴史」を全文読み返してみることにした。
ちなみに「苦しみの歴史」とは、私が浪人時代に1年を掛けて書き上げた超
大作であり、目にした者は20人にも満たない、という貴重な文書である。
内容は、自分の人生を幼少時代から振り返り、当時の無気力状態の原因を
分析する、というものであり、主に中高時代のことが書かれている。

感想
まず長い!
原稿用紙にして100枚超、A4紙42枚分って異常だろ。
でも、読んでいるだけで息苦しくなるほどの苦悩は伝わって来た。
あの頃に比べれば、今の環境は天国みたいなものだよなあ…。
決して麻布が嫌いなわけじゃないし、全く恨んでもないけど。
また、意外と文章の完成度が高くて驚いた。
構成表を作ってから書いたわけでもないのに、よくあれだけの分析が出来た
ものだ。
ちょっと見直した。

以下、第3章の「結論編」を基に現状を分析。

第一節:再構築
①完璧主義の自身の期待に完璧に応えていた小学校時代の自分を捨て去り、
 決別する
→出来ている方だと思う…が、たまに小学校時代の自分が羨ましくなる。あの
 頃の俺は本当に半端無かったからなあ。
 …って、こんなこと考えてるから駄目なんだろ!やっぱりまだまだだな。
②しばらく一部の麻布生との接触を断つ
→出来てるので問題なし。というより、もう会っても大丈夫な域。

第二節:本質の暴露
→大学では自身のキャラを存分に出せてるし、居心地もいい。文句なし。

第三節:諦めという名の儀式
→自分の限界は悟り始めているつもり。先日、競技派を諦めたことがそのいい
 例かな。
 あと、部活を週3から週2に減らしたり、調子悪い時には休んでサブマネのナ
 ベ君に任せたり。何だかんだで手は打ってる。

第四節:感情のサイクル
→要はストレス解消法なんだけど、これが一番まずいね。全然見つからない。
 一日一日を「消化する」という感覚がある、ということは、持続可能な生活を送
 れていない、ということ。
 ここが一番改善の余地がありそう。

第五節:現実に生きる
→「世直し」という夢は持ってるけど、自分の出来る範囲のことしかやっていない
 つもり。まあOKでしょう。

第六節:どっしりと構える
→やっぱり多少焦りはあるかな。それでも大学入学以前に比べれば格段にマシ
 だから、かなり成長してると思う。

こうして見てみると、一番の課題はストレス解消法の発見だね。
せっかく競技派をやめたんだから、週末のOLをストレス解消につなげたいな。
アナリシスを書かないレースを増やす、とか。
あえて中級者コースに出て遊んでみる、とか。
競馬場にも行ってみたいけど…どこも遠すぎるな。

あとは、やることが溜まると現実逃避してしまい、首を絞める結果になることが多
々あるから、そこも何とかしたいね。
今は、とりあえず家の掃除を始めている。
一日一つずつでいいから、溜まっていることを片付けて行けば心もスッキリして行
くんじゃないかな。
一気にやろうとするから駄目なわけで。

よし。やることは固まった。
とりあえず今日は調子がいいので学校に行って来ます。

それにしても、「苦しみの歴史」を書いて本当に良かったなあ。
自分の成長を実感できたし、こうして的確な現状分析も出来たわけだから。

追記:前回の記事で、大学に入って初めて授業を休んだ、と書いたのに親から連
    絡が無かったことには救われた。
    子供は親にどっしりと構えててもらいたいものなんだよね。
    凄く助かりました。ありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。