スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生の不調に思うこと

今日は明後日の試走会の準備でほぼ徹夜明け。死にそうです…。
こんなにも俺に愛されてる駿大の子達は、世界一の幸せ者だと思うよ、本当に。
遠征費用の関係で、インカレロングの出場者が俺だけになってしまったのには
死にたくなったけどね。
俺の愛情はちゃんと伝わっているのだろうか。

そんなことはさておき、真央先生が絶不調ですね。
オリンピックでトリプルアクセルを2回跳んだ時の輝きがまるで無かった。
素人目で申し訳ないが、相変わらずジャンプ以外の要素は良かったように思うけ
どな。
特に後半のステップは素晴らしかったし。
あれだけ序中盤でミスっておきながらあれほどの動きを見せるのだから、やっぱり
彼女は凄い。
メンタル面もそうだけど、よっぽどスタミナを鍛えている=きつい練習を積んでいる
んだろうな。
噂によると、体脂肪が7%だとか。
60kgのベンチプレスを持ち上げられるだとか。

でも…代名詞のジャンプがここまで悪いと心配だよね。
気になったのは表情。
悲壮感とまでは行かないけど、スランプなのが見た目からでも分かってしまう。

ただ、自分は彼女のこんな一面を見せられるのも嫌いじゃないんだよね。

中3の頃からの目標であり、憧れ。
自分が生涯かけても到達できない高みに居ながら、不思議と屈辱感は感じさせず、
むしろどこまででも手の届かない域まで成長してほしいと思わせてくれる存在。
同い年なのにはるか遠くに感じられる、自分がこの世で最も尊敬する女性。

これらが俺にとっての浅田真央像であることに変わりは無いが、それでもやっぱり、
彼女も俺達と同じ人間なんです。
時には石に躓くことだってある。厚い壁に阻まれることもある。
でも、それら全部含めて浅田真央なんです。

オリンピックでキム・ヨナに大差をつけられ(今でも私はあの採点に納得が行かない)、
直後のインタビューではファンの前で初めて(?)涙を流した彼女。
あそこで第一線から退く選択肢もあったはずだ。
少なくとも俺なら、引退するしないはともかくとして、一度競技から離れたことだろう。
でも、彼女は息もつかずにスケートを続けて来た。

悔しさ?ファンのため?競技が好きだから?
我々凡人には、スーパーウーマンの胸中ははかりかねる。
しかし、それが彼女の選んだ道というならば、精一杯応援するしかないではないか。
一つ二つの挫折に動揺せず、温かく見守るしかないではないか。
先生のことだ。また我々に勇気を与えてくれる神掛かった演技を、屈託の無い笑顔を
見せてくれることだろう。

ただなあ。もしこのまま立ち直れなかったとしても、それはそれでいいと思うんだよな。
昔の俺ならこんな考え方はまず出来なかった。
俺自身、競技派を諦めた過去が2回あるからか。
何か本当に丸くなっちゃったけど、これも成長と言ってよいのだろうか。

もう十分によくやったと俺は思ってるし、「頑張れ」という言葉はあまり好きではない。
しかし、先生が自ら頑張る道を選んでいるのだから、これ以外に台詞が思い付かない。
だからあえて言わせてもらうよ。

先生、頑張って!

注:当ブログでは、浅田真央選手を応援しております
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャンプのフォーム改造中だからしゃーない・・・

>世直し対象者さん

どうやらそうみたいですね。
でも、苦戦しているのは事実なわけで…。

それにしても、オリンピックの出来でも満足できないなんて。
彼女の向上心の高さにはいつも驚かされます。
プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。