スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE感想(編ごとに)

もうずっと前の話になってしまいますが、ワンピース61巻の感想をアップしたことがありましたね。
あれから完全にワンピースの感想を放置してしまっておりましたので、
編ごとにまとめて感想を書き、無かったことにしてしまおうかと思います(笑)
0.5刻みの5段階評価です。


東の海編(1~12巻)
評価5.0
ルフィがもうとにかくカッコイイんです。
ゾロ相手に取引して海賊らしいところを見せたり、キャプテンクロとの器の違いを見せ付けたり、ゾロ・ミホーク戦を結果を分かっていながら黙って見届けたり…ああ、ガイモンさんの話も良かったですね。
個人的に推したいのはアーロンパークです。
ナミが自ら助けを求めに来るのをただじっと待ち、過去など関係なく、ただ仲間が泣いていた。
それだけの理由で命を賭けられる。
アーロンパーク編は、何度読み返して何度泣いたか分かりません(^_^;)
この頃のルフィは、男が惚れる漢の中の漢でした。

アラバスタ編(12~23巻)
評価4.5
ドラム島入島時に、自らの非を認めて頭を下げるルフィ。
かっこ良すぎます。
戦闘中に鉄が切れるようになるゾロ。熱いです。
二度殺されかけても三度挑むルフィ。激熱です。
ビビも実に王女らしいしっかりとした理念を持ったキャラクターで、魅力的でした。
ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、脇役のコブラ王、イガラム、ペルに至るまで、正に全てのキャラに見せ場がありました。
しかもそれが、くどくない程度に絶妙な匙加減で描写されていました。
終わり方もまとまっていてとても綺麗。

空島編(24~32巻)
評価3.0
物語的に寄り道した感は否めないので。
エネルの絶望感は良かったですが、少しやりすぎたかな、とも。
エネル戦もちょっと長すぎましたね。
でも、島に入るまで、入ってから間もなくの高揚感はありました。

ウォーターセブン編(32~46巻)
評価4.0
仲間一人のために、躊躇なく世界を敵に回す麦わらの一味。
そげキングが世界政府の旗を撃ち抜いた時は鳥肌が立ちました。
ゴーイングメリー号を巡ってのルフィとウソップの対立は緊張感がありましたし、ゾロの頼もしさを見られた場面でもありました。
フランキーの過去がとても哀しく描かれていたのは、後の大きなカタルシスにつながりました。
ルッチ戦も熱かったです。

スリラーバーク編(46~50巻)
評価3.0
ブルックの暗い過去の描写、ラブーンの伏線回収、ゾンビのギャグのキレなど、良い所もたくさんありました。
ただ惜しむらくは、敵キャラにあまり魅力が無いのです。
特にオーズはひたすらおちゃらけていただけで、そんな薄いキャラ相手に多大なページ数を割いていたので、
その点で印象が悪くなってしまいます。
あ、リューマは好きですよ。ゾロ戦も短くまとまっていましたし。

頂上戦争編(50~61巻)
評価4.0
インペルダウンで旧敵と共に闘うルフィ、白髭登場時のワクワク感。
次の巻が待ち遠しくて仕方の無い時期でした。
ルフィの海賊王としての資質が描かれていた、という意味でも重要な編でしたね。
「ルフィの力になりたくて」と、それぞれ再起を誓う麦わらの一味の姿には心を打たれました。

新世界編(61巻~)
評価1.5
1ページに情報を詰め込みすぎていて、いよいよ読むだけで疲れるようになって来ました。
頂上戦争編でもすでにその兆候は見られましたが、内容に勢いがあったために気にならなかったのでしょうね。
ドレス・ローザ編は未完結なので評価は下しませんが、魚人島とパンク・ハザードでの敵キャラの魅力の無さが致命的…。
その上長い!!特に魚人島…あれごときの敵にどれだけ時間掛けるんですかルフィさん…。
ギャグもどことなく滑り気味で、シリアスな場面との使い分けが出来ていないように感じられます。
今後の復活に期待したいところです。


最後が酷評で後味が悪くなってしまいましたが、60巻あたりまであのクオリティを保っていたのは、
本当に凄いことだと思っています。
何より東の海編、中でもアーロンパーク!!最高です!!
読んで泣ける漫画なんてそうはありませんから。

またワンピースを読んで涙を流せる日を心待ちにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。