スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前を向け!

更新が遅れてごめんなさいm(_ _)m
もうご存知の方も多いとは思いますが、ロングセレに落ちてしまって…。
現実を受け入れるのにちょっと時間が掛かりました。

それでは順に振り返って行きます。
まだ傷心気味なため、あまり深く突っ込んだ回顧は出来ませんが、ご了承下さい。


前日

デート(笑)を済ませて現地入り。
前日にあまり深く思い詰めるのも良くないと思いまして。

前述の通り、徹夜明けだったので今年こそ早く寝られると思ったら…そんなに甘くはなかった。
どこまで豆腐メンタルなんだよ自分…orz
いや、正確には寝付くことは出来たのだが、早く起きすぎてしまった。
23時就寝4時起床って…もっと寝かせてくれよ…。


当日朝

まあ走れないことはないかな?といった体調。
40分間にも及ぶ読図走を経て、地図読みの観点からは最高の仕上がりとなった。

今回は宿泊場所として「あたみ館」を利用させていただいた。
ご夫妻のみで運営しているみたいだが、とても感じが良く、また、掃除が行き届いていて。
心の底からくつろぐことが出来た。本当に感謝です。
やっぱり俺の目に狂いはなかったか(笑)


レース前

千代健さんがスタート位置の情報を入れて下さったので、よりリアルなシミュレーションをすることが出来た。
まさかここまでしていただけるとは…。

ハンガーノック対策とアップは万全。
気になるのは眠気だけだった。
まあ、昨年よりはずっといいかな、といった感じ。


レース序盤(△~4)

めちゃくちゃ慎重に行ったので速くはなかったが、このペースを維持できれば通れる、という確信はあった。
とにかくミスをせず、イメージ通りにコントロールへ到達する作業に終始した。
入りとしては良くもないが悪くもない。


レース中盤(4~14)

4→5のルートプランミスとアタックミス。
これ自体はまだ挽回のきくものだったのだが、ここから一気におかしくなり始める。
まず、眠気。レース中に眠気を感じるなんて普通ありえないのだが、それだけ私の身体が悲鳴をあげていたということだろう。
そして、一度ミスをしたことによるミスの連鎖。
それまで抑えていたものが一気に出て来た感じだった。

5→6でプランミス
7→8ではプランが固まらないまま走り出してしまい
8→9で微地形にやられ

完全にリズムを失っていた。
が、ここまで5分を超えるような致命的ミスはなく、まだワンチャンは残されていたはずだった。


14→15

まさに、予想コースの想定レッグほぼそのまま、というレッグが出て来た。
ここを淡々とノーミスで走れれば、通過の目はあったかもしれない。
しかし、私はここで致命的ミスを犯してしまう。

それは、ルートプランミスとかCPの見落としとか、そんな生温いものじゃなくて…そう、

時計を見てしまったのだ。

そして私は集中力を大きく失い、自ら脱落して行った…。
私のロングセレは、時計を見た瞬間に終わりを告げたのだ。

ロングセレラップ


ゴール直後

速報を見て、通過圏外であることを再確認した私は、そのままそこに仰向けになって倒れ込んだ。
どうしても結果が受け入れられなかった。涙すら出て来なかった。

そう時間が経たないうちにペゴが来た。
その時にはもう、私は笑顔になっていた。


会場に戻ってから…

不思議と落ち込んでいなかった。
OCの皆とも普通に話せていた。
でも、放心状態だった。
何を話していてもどこか上の空で、夢の中みたいな感じがした。


一気に襲ってきた虚無感

その後、くまが家に泊まって…彼が帰った直後…それは一気にやって来た。
強烈な虚無感である。
レースの反省も、何もかもやる気が起きなくなった。
3ヶ月やってきたことがパーになったのだから、それも当然のことである。


そして今

好きなだけ落ち込んで、ようやく前を向くことが出来てきた。
レースの反省も終わったし。よく見たらひでえレースしてやがる…。
落ち込みからの復活は早くなってきたような気がする。いいことだ。

レース後、一番印象に残っているのは、
千代健さんが「通過おめでとう」から書き出された今後の課題プリントを用意して下さっていたことだ。
そう、私は一人でここまで来たわけじゃない。
ショックだったのは分かるが、だからと言っていつまでも前を向かず、このまま何もしないってのは私のエゴだ。

まだロング本番がある。OC杯がある。もちろん、ミドルセレもある。
最初と最後だけセレを通過する、というのも、それはそれでドラマチックな気もしてきた。

今回、私はかけがえのない経験をした。
次の目標とするレースがある限り、その敗戦は無駄にはならない。
仮に最後のインカレが不本意な結果に終わったとしても、その経験は必ず人生の中で生きて来る。

まずは、一生懸命やってみることが大事なんだ。
そう割り切って顔を上げてみたら、景色が少しだけ昨日と違っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。