それでも割り切れない気持ち

日曜のロングセレ、結果はご存知の通りだったわけですが。
前日から振り返ってみましょう。


大会前日、私はランニングを終えた後、必死に眠気に耐えながら仕事をこなしていた。
コロッと寝てしまったのは、夕方に野球を見ていた時。
しかし、その時の睡眠時間は実質一時間くらいで、全く問題ないように思われた。

夜、N洲君とナベ君が泊まりに来る。
消灯は11時過ぎ。
やることはやった。後は寝るだけだった。

…しかし、寝られない!
どんなに頑張っても寝られないのだ。
前日の睡眠時間はたったの3時間で、しかも4時起き。
昼寝も1時間だけ。
グッスリと眠れるはずだったのに…。

そして、ほぼ一睡も出来ぬまま、とうとう朝を迎えてしまった。
気分は最悪だった。

行きは車。川越駅で運転を他の者に変わったが、車内でもほとんど寝られなかった。
ここで寝られていれば、まだ救いようがあったかもしれないのに。
会場には一番乗りだった。
ここでも一時間弱横になったが、やはり寝られなかった。

しかし、ここまで来たらもうやるしかない。
いつまでも泣きごとは言ってられない。
そう腹をくくり、着替えとアップを終え、睡眠以外は実に順調な過程を経てスタート地点に向かう。

会場~スタート地点、スタート前に私を支えてくれたのは、イッチーだった。
こういう切羽詰まっている時のイッチーはいつも優しい。
いささか乱暴な言動で損をしているが、実は気遣いの出来る良い娘だ。
イッチーがいなければ、もっと酷い結果になっていたかもしれない。

そしてレースは始まった。

ロングセレラップ

20120626002210.jpg
イメージ通りの序盤

△まで向かう途中に、早くも生じた違和感。
重い…圧倒的に体が重い…!
それは、睡眠不足のみから来る違和感ではなかった。
ハンガーノックを恐れての食べ過ぎ。
覚悟の上で詰め込んだのだが、それにしても重すぎた。

だが、レース中に後悔している暇はない。
井戸端さんに描いていただいた落書きを見つめ、スタートフラッグ前で深呼吸。
とりあえず落ち着いたところで地図を読み、走り始める。

5ポまでは実に順調だった。
体調不良を自覚していたこともあって、極限までリスクを削ったルートプランニング。
そして、丁寧すぎるほど丁寧に行った脱出、直進。
5ポで、堅実さが売りである2分前スタートの千代健さんを見掛けた時は、正直なところ胸が高鳴った。
「このままのペースで行ければ楽々通過できる」…強く確信した。
※T渕の目撃証言もあるのに、ラップを見るとなぜか千代健さんに追いついていない計算…不可解だ…

20120626002258.jpg
作戦通り、ロングレッグを無難に切り抜ける

写真見づらっ!今度はもっとカメラの画質の良い携帯を買おう…。

写真だと分かりにくいけど、このレッグのベストルートはどう考えても左回りなんですよ。
でも、それが万人のベストルートではないのがOLの面白いところ。
細かい手続きの苦手な私にとってのベストは、右回り大迂回ルートだった。
ルート線が入り乱れてて分かりにくいけど、これ、17ポを通ってるんですよね。
普通の人なら絶対選ばないルートだよな。

しかし、ラップを見てほしい。
5ポに着いてからさらなるスピードダウンがあったにもかかわらず、堂々の20位ラップである。
積算順位も、25位から21位へと大幅にジャンプアップ。
ベストルートをたどった千代健さん、陸にも勝るタイムを叩き出すことが出来た。
ロングレッグにおいて、自信を持って走るのがどんなに大事なことか。
このことを、これ以上ないほど分かりやすい形で証明したレッグだった。

20120626002401.jpg
ついに迎えた限界、そして私のロングセレは終わりを告げた…

6→7ではオーバーラン、7→8ではポスト周りでうろつく、と、中盤では細かいミスを連発してしまった。
流れの悪さを感じ、8ポで一旦落書きを見て心を落ち着け、9ポへと向かった私。
だが、ここでまたしても違和感が走る。
登りで全然走れない…。
もう、身体は限界近かった。

それでも11ポまでは何とか粘れていた。
しかし、そびえ立つような11→12の激斜で、私の身体はついに限界を迎えた。
そして、ポストスルーというあり得ないボーンヘッド。
折れそうな心を必死に奮い立たせて12ポまで引き返したものの、限界をごまかすことは出来なかった。

それからは地獄だった。
本当にもう、何回足がつりかけたことか。
正に意地だけの完走だった。


絶好調時のスピードを「10」とするならば、△~5ポは「8」,5~8ポは「7」,9~11ポは「6」,11~◎は「4」といったところか。
これがミドルなら、すなわち11ポくらいまでなら、何とか乗り切れただろう。
実際、11ポまでなら22位で、ギリギリ通過圏内だった。
ロングだと体調不良がもろに響く、ごまかしが効かない、ということが、これでよく分かった。

その体調不良の原因は、大きく分けて2つ。睡眠不足と食べ過ぎ。

睡眠不足については、付け焼刃的な調整が裏目に出た感じだった。
前日普通に寝て本番前に一睡も出来ず、の方が、まだずっと良かった。
調整するならするで、一週間前くらいから起床時刻を統一する、くらいの徹底ぶりが必要ということだろう。

食べ過ぎはハンガーノックを恐れてのことだったが、今回のは少しやりすぎだったか。
次は本などを見てきちんと勉強したい。
自炊して弁当を持ち込む、という初の試みまでしていたのだから、これは勿体なかった。


身体が動かなくて負ける、というのが、こんなに悔しいことだとは思わなかった。
気が付けば、残るセレもあとわずか3回。

流れの悪い時に落ち着く術を得られた。
苦手なロングレッグに対処できた。
最後まで諦めない精神力を身に付けられた。

もう競技歴は9年にもなるが、ここに来てもまだまだ成長が見られる。
特に今回の敗戦は、大きな糧になってくれるはずだ。

もう一度だけ、あの舞台に立ってみたい。
そして、OC皆の声援を受けてみたい。

様々な挫折を味わい、色々なものを諦めてきたが、この気持ちだけは割り切れない。
応援する立場になって初めて湧いて来た、「応援されたい」という気持ち。
この気持ちだけは、今後も忘れないようにしたい。


>K見、H野さん、ペゴ、Y田さん
入賞おめ!ペゴの実力は知っていたが、Y田さんはよくあの面子に食い込めたなあ。驚きです。

>マルクさん、わた子
通過おめ(でとうございます)!

>イッチー
スタート前に励ましてくれてありがとう。意外と温かいよねイッチー。

>陸
レース後に「傷をえぐらないであげて」とか言ってかばってくれたこと覚えてる?嬉しかったよ。
今回本当に惜しかったけど、君にはまだまだ5回もチャンスがあるわけだから。

>I塚さん
一人寂しく足を洗ってる時に声掛けてくれてありがとう。

>千代健さん
目を掛けて下さっていること、痛いほど分かっています。
本当に申し訳ないです。
私の分も選手権クラスで暴れて下さい。

>井戸端さん
これまでのご指導と今回の落書き、ありがとうござい「ました」。
今回の情けない結果では、見捨てられるのも仕方ないと思います。

>なっち
あれだけ無駄絡みしてるのに、よくもまあ、今回も俺の車に乗ってくれたものだと感心してます(笑)
遠征頑張ってね!

>狂神さん
毎度ランキングを裏切ってしまってすみません…。
スポンサーサイト
プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR