手応え

千葉OLKの一員として、助っ人のそげたと一緒に行った今回の広島遠征。
ハードな4日間ではあったが、非常に実りあるものとなった。
以下、順に振り返って行きたい。


2日 宮島観光

とにかく色々な種類のもみじまんじゅうを食べ歩いた。
どれも美味だったが、中でも揚げもみじが絶品だったと思う。

厳島神社で、そげたと全く同じ番号のおみくじを引き当てた時は笑ったw

3日昼 山川スプリント

Y城さんの1分前ということで、どれだけ粘れるか試してみたのだが。
やっぱりあの方は化け物っす!
ミスらしいミスも無かったのに、8ポであっさり抜かれましたorz

目立ったミスは19→20くらいだったけど、とにかく走れなかったね。
Y城さんに追い付かれまいと、また、離されまいと中盤までに無理をしすぎた。
今の自分の体力に合った走りを出来なかったのは、反省点だと思う。


3日夜

せっかく広島に来たのだから、ということで、平和記念資料館に。
そげたが途中で抜け出したことにも気付かないほど、熱中して見て回ってしまった。

こういうのを見てしまうと、核で得られる平和というのが虚しいものに思えて仕方なくなる。
原爆については、『はだしのゲン』で得た知識くらいしか無かったので、今回このような機会を得られて本当に良かった。
皆さんにも、是非とも一度は行ってみてもらいたい。


4日昼 全日本大会ロング

諸事情により、申し込みを行っていなかったため、当日参加枠で臨むことに。
どのクラスに出場するか少し迷ったが、まだ体力が戻り切っていないこと、翌日のリレーのことを考慮し、距離の短いOASクラスに参加することに。

正直、私としては翌日に向けた調整の意味合いが強いレースだったので、そんなにやる気は無かったのだが。
早稲女コンビにとんでもないハンデ戦を挑まれたことで、闘争心に火が付いてしまった。

結果は大勝利
ラップも全部1位だったし、2位に16分差、同じコースのM21AS優勝者に5分差をつけられたのだから、これは神レースと言っても差し支えない。
ミス率3.5%は自己ベストだった。

新歓合宿と前日のスプリントで、自信が付いてたんだろうね。
妙に頭が冴えていたというか、何かミスる気がしなかった。

しかし、結局アイスクリームをおごる羽目になったのは理不尽だったなあ。
俺の後輩女子好きに付け込みやがってあいつら(笑)

あ、はーちゃん(5歳だっけ?)から菓子パンをもらえたのは嬉しかったなあ。
俺、意外と子供に好かれるタイプなんすよ。


4日夜 新歓準備

6日の新歓に向けた準備、というか、タイムスケジュールの組み直し。
そげたが終始愚痴ってた。
同情の余地は大いにあるものの、まだまだOCの一員としての意識が足りないみたいだな。
あと、俺に対する尊敬の念も。

I塚さんとの電話は至高だった。
I塚さんは、俺のことを先輩として扱ってくれる、OC内では貴重な存在。
いつも元気付けてくれて、本当にありがとうございますm(_ _)m


5日 7人リレー

例年のごとく7走を務めたが、やっぱり暇だった。
でも知り合いが大幅に増えた分、年々待ち時間が楽しくなって来たかな。
主な出来事としては、

・なっちに「心のキャッチボールをしよう」と言って断られる
・ともみんにパンをもらう
・ほぼ面識の無いM本兄弟に無駄がらみする(W奏ちゃん目当て)
・T居さんと初めてまともに話すものの、変態扱いされる

て感じか。
ナンパじみたことしかしてねえじゃねえかw
うん。自分の出番までは、結構あっという間に感じたな。
そりゃ、こんだけ馬鹿やってればな(笑)

そんな私のスタートは、結局ウムスタートになってしまった。
まあ、これに関してはうちのチームメンバーを責められないけどね。
今回はウムスタートの基準が厳しかったらしく、同じ憂き目に遭ったチームがいくつもあったから。

さて、肝心のレース内容だが。
ここ最近、良いリズムで来ていたものの、それは簡単なコースでの話。
真価が問われるのは今日だと考えていたので、油断は全く無かった。

そんなわけで、一緒にスタートした人達も信頼の置ける集団だと分かっていたが、パックは極限まで抑えた。
どうせ、今の体力じゃ最後までついて行けないだろうしね。
プランが固まるまで脱出せず、少しでも不安を感じたらスピードを落として地図を見る、という地味な作業。
これをひたすら繰り返した。

しかし、この謙虚さが実を結ぶ。
何と、体感では一度のミスも無いまま、ゴールテープを切ることが出来たのだ。
ミス率は7.9%と前日より高かったが、自分としては完璧なレース運びが出来たと思えた。

表彰式は、戻って間もなく始められた。
優勝は京葉。I澤さん、がうちさんが速かったなあ。
5位はトータス。やっとやったね!
ペゴの成長ぶりに涙した。(嘘)
6位の東海は素晴らしすぎる。
いやもう、本当に言葉が無いわ。
みちの会は残念だった。
M川さんの故障が痛すぎたなあ。



今回の遠征で、自分のOLを少なからず掴めた気がする。
ロングセレ通過に向けて、段々と希望が見えてきた。

昨年度のペナの借りは返せたので、千葉には悪いが、来年度はみちの会で走ってみようと思う。
それも、一軍で、だ。

手応えは、ここ数年では一番。
10年目にしてようやく、私は適当なOLから脱却できるかもしれない。

これまで何度も、夢を見て痛い目に遭って来ている。
それでもなお、再び夢を見たいと思わせるほど、今回の出来は良かった。

恥ずかしからずに、何度でも挑戦すればいいんじゃないかな。
一喜一憂のない人生ほどつまらないものは無いのだから。
スポンサーサイト
プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR