今年もパがセを圧倒

今週の月曜日で、今年度の交流戦の全日程が終了した。

まず、リーグ対抗の成績について。
今年もパ・リーグが60勝47敗1分で、完勝と言ってもよい結果となった。
これで、交流戦が始まってから12回中11回パが勝ち越し…少し差が開きすぎではないだろうか。
パ・リーグ球団のファンとして、パが強いのは喜ばしいことである。
しかし、格差がありすぎるのも考えもの。
悩ましいなあと思う。

最高勝率球団はホークス…13勝4敗1分と、その強さを存分に見せつける形で連覇を成し遂げた。
他球団との差を最も強く感じたのは、守備の堅さと先発陣の安定感。
特に前者については、城所のスタメン定着で外野守備が一気に引き締まったことが大きい。
城所のファインプレーでチームが救われた場面を、交流戦期間中に少なくとも2回は目撃した。

打撃においても絶好調を維持し、MVPに輝いた城所。
彼の今後の活躍から目が離せない。
スポンサーサイト

待ちに待った交流戦

さて、明日からは、待ちに待った交流戦である。
ホークスが交流戦に強いということも相まって、私はこの時期がいつも楽しくて仕方ない。

今のホークスのポジティブポイント、ネガティブポイントはこんな感じだろうか。

ポジティブポイント
・今宮好調
・柳田が復調気味
・先発ローテがエグい
・ここまで何だかんだで完封敗けがない
・抑えのサファテが鉄壁
・7連勝中

ネガティブポイント
・明石、川島の故障により、セカンドの層が薄い
・捕手が2枚体制
・中継ぎが少し不安定
・勝ち継投の投手を投げさせすぎ
・内川、長谷川、中村あたりがやや冷えぎみ
・バンデンハークが打ち込まれ始めている

まあ、他球団からしたら「何贅沢言うてんねん」という話だろう。

今年はセ・リーグの方もきちんとチェックしていて詳しくなっているので、余計に楽しみである。
ヤクルト打線(主に山田)、広島打線(主にエルドレッド)との対戦はベタに楽しみ。
また、菅野をはじめとするエース級との対決も見どころである。

可能性だけで言えば、交流戦中のマジック点灯すらあり得るという今年のホークス。
その好調ぶりから目が離せない。

ホークス独走体制 一方でセ・リーグは…

さて、野球はオールスター期間に入り、シーズン前半戦が終わりました。

パ・リーグはホークスが一気に抜け出しましたね。
あれよあれよと言う間に2位に3.5ゲーム差、3位に6.5ゲーム差をつけ、首位の地位を固めました。
交流戦後の戦績は、14勝4敗。すなわち貯金10!

地味に内川や柳田が冷え気味だったりするのですが、とにかく終盤の勝負所に強い印象です。
気が付いたらいつも逆転勝ちしているような気が…。
リリーフの磐石さは、今さら語る必要もありませんねー。

今の工藤監督の采配には、突っ込むところが見当たりません。
バントの使い所も的確ですし、打線の組み方もいい。
最近は代打も当たりに当たっています。
何より、投手陣に無理をさせないところが素晴らしい。
これは絶対、シーズン後半戦で生きてきます。
私の予想では、終盤で大きく突き放してくれるのではないかと。

セ・リーグはセ・リーグでこれまた面白い。
前半戦終わって貯金持ちの球団なし、って、どれだけ混戦なんですかwww
毎日順位が入れ替わっている気がします。

これからどんどん暑くなりますが、選手たちには怪我なくやっていってほしいものです。

ロイド暴れすぎ

木曜日に引き続き、昨日も授業を休みました。
理由は…理由は…

サッカー女子ワールドカップの決勝戦を観たかったから‼

完全なるなめプやんけwww

いやいや、よく考えて下さいよ?
ワールドカップは4年に1回。授業は毎日あるもの。
どう考えてもワールドカップの方が重いでしょーが‼←渾身の言い訳

肝心の試合はというと…あれ?いきなり一点入れられた(´・ω・)
いやいや、ここは気を取り直して…あ、もう一点入れられた(´・ω・)
まだまだ行けr…3点目入れられた(´・ω・)

てな感じで、息つく間もなく3点を立て続けに奪われ、残念ながら実質的に試合はここで終わってしまいました。
ロイドえげつないよロイド。
常にゴールを狙ってくるあの姿勢怖すぎ((((;゜Д゜)))
ハットトリックを飾ったあのロングシュートなんて、それこそゴールを常時意識していないと打てないものでした。

日本は澤投入以降落ち着きを取り戻したように見えましたが、時すでに遅しでしたねー。
もっと早くにあの流れにできていれば…いや、そこも含めての実力なのでしょう。
この試合は完敗でした。

4年前のような手に汗握る大接戦を期待していた私としては、残念なものがありましたが。
授業を休んだことは後悔しておりません。
ロイドの暴れっぷり、澤選手の背中、落ち着きを取り戻してからの日本…。
結果は惨敗でも、見るところはたくさんありましたから。

しかし、授業を休んだ理由が先生に知れたらお怒りになるでしょうね(苦笑)
まあ聞かれても絶対に言わないけどw

交流戦が終わったところで

交流戦も終わり、シーズンも一段落ついたところで、ここまでのプロ野球を振り返ってみることにしました。
ちなみに、シーズン前の予想がこちらです。↓
http://yonaoshi4704.blog89.fc2.com/blog-category-6.html

セ・リーグは、広島の異常なまでの勝負弱さと、阪神が全体的にボロボロだったのが誤算でした。
横浜はやっぱり頑張ってくれましたが、交流戦中に10連敗って…。
若いチームなので、歯止めがきかないのでしょうね。
そして、阿部の離脱を含め、もう何か色々と酷かったのに何だかんだ首位につけている巨人。さすがです。
ここまでグダグダなのになお首位なのですから、もうこの先は突っ走ってしまうのではないですかね。

それにしても、セ・リーグの混戦ぶりが半端ない…。
交流戦で上位2チームがボロクソに叩かれたおかげで、一気にわからなくなってきました。
結局は巨人の優勝で終わってしまいそうな気もしますが、一応波乱を楽しみに見ていきたいと思います。

パ・リーグは…オリックスどうしたwww
楽天を最下位予想にしていたのに、このままだと外れてしまいそう…。
現在、ホークスは日ハムにゲーム差0.5の2位。
バンデンハークを使い出したこと、今宮を下位に置きはじめたことから、今後は調子を上げて行くものと思われます。
うん、やっぱり優勝するのではないですかね。
日ハムの打線が予想以上にいやらしいうえ、大谷が無双しているのでかなり手強くはありますが。

ホークスの前半戦のMVPは、柳田で文句無いでしょう。
2ストライクまではフルスイング、追い込まれてからはしぶとく粘って単打or四球。
足が速いので内野安打も可。盗塁もできる。
何とも敵に回したくないバッターになったものです。味方ながら末恐ろしい…。
そして、この柳田と首位打者争いを繰り広げている西武の秋山も本当に素晴らしい。
彼はオープン戦からずっと好調ですから、今後もそう調子を落とすことはないでしょう。

ピッチャーで言うなら、サファテですかね。
彼のおかげで、9回は安心して見ていられます。


しかし、セパの格差は相変わらずひどい…。
試合数を少なくしてもこの様とは。
本当、どうしたら埋まるんだろこの差は。
プロフィール

永遠の世直し人

Author:永遠の世直し人
どうぞくつろいで行って下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR